FC2ブログ

ちょっとかじってます。

映画を中心としたDVDのレビュー、・・・のはずがだんだんサボってなんでもありの日記です。
カテゴリー  [ 20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗 ]

20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗

「20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗」 を観てきました。

映画「20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗」 公式サイト


言わずと知れた浦沢直樹先生原作の漫画「20世紀少年」の実写三部作の最終章です。

観終わった後の率直な感想としては、

「あ~、よかった」

です。

私は原作も読んでいて、もちろん1作目、2作目も観ています。
そんな私から言わせてもらうと、この映画は原作を読んでから観ることをお勧めします。

なにせ原作は24冊もありますから、それを3本の作品にまとめるのは至難の業です。
どうしても省略してしまうところが出てしまうのはしょうがないですね。
そこは目をつぶりましょう。

しかし、ラスト10分に関しては、ある意味原作より忠実に再現しています。
おかしな言葉ですけど。。

正確にいうと、原作のラストをうまく補っています。

原作の方はどっちかと言うと、
「あとは読者自身で考えな!」みたいな投げつけ感があって、実際私も
「え!?何それ?」
と思い不満タラタラでした。

でも映画では、そこに解説を足した感じになっていて、納得感と満足感を得られました。

もしかしたら、このラストは浦沢先生が本当に読者に伝えたかったことじゃないかもしれません。
数あるなかの1つかもしれません。
そこの真意はわかりませんが、私の中では今日「20世紀少年」という作品に対して、ひとつ区切りができました。


それにしてもこの作品は三部作を通してキャスティングが見事でした。
漫画を原作とした作品の中ではピカ一で、皆さんハマり役です。
なによりも幼少期で出てくる子役も似てること似てること(笑)

カンナ役の平愛梨さんも素敵でしたが、
ダントツ1位は、
小泉響子役の木南晴夏さんですね!
木南晴夏

彼女は本当に漫画から出てきたんじゃないかと思うほどハマってました。
最終章は出番が少なかったので残念でしたが(;_;)

最初に映画を観た方も原作を読んで対比してみるのもおもしろいと思いますよ。
機会があったら是非どうぞ!

総合評価









↑【古本】20世紀少年 + 21世紀少年 [1~24全巻] (著)浦沢直樹




↑20世紀少年 第1章 終わりの始まり (通常版)




↑20世紀少年 第2章 最後の希望 (通常版)

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

くまぞぅ

Author:くまぞぅ

神奈川県横浜市に生息している家にこもりがちな動物。

蕎麦と梨を与えると喜びます。


カテゴリ
広告
通販ならやっぱりここ! 
ブログをはじめよう!